スーさんのベプログ!

とっても簡単なVAPEの洗浄・コイル交換方法をご紹介!長持ちさせる為に洗うのは必須!

VAPEの洗浄方法をご紹介!難しそうに見えて実はとっても簡単!

スーさん
スーさん
もく爺、もく美ちゃん!VAPEを吸ってて味が感じにくくなってきたから、そろそろコイルを交換しようと思うんだけど、コツとかはあるの?
もく爺
もく爺
スーさんのようにコイルを交換するタイプのVAPEなら洗浄と交換はとても簡単じゃぞ!
もく美
もく美
お気に入りのVAPEを長持ちさせる為にはコイル交換は不可欠だからしっかりこの記事を読んでいってね!

今回は僕が使っているVAPEのコイル交換・アトマイザーの洗い方をご紹介します。

難しそうに見えて実はとっても簡単!

慣れればすぐにできてしまいます。

それでは早速アトマイザーを本体から外していきましょう。

もちろんアトマイザーの中のリキッドはあらかじめ抜いておきましょう。

そして、アトマイザー自体をもう少し分解していきます。

このように分解できます。

洗浄方法は「コイル以外を」ぬるま湯につけながら手の上でシャカシャカ洗えば問題ありません。

これに加えて、使い終わった歯ブラシなどで磨いてあげるとさらに汚れが落ちるのでぜひ試してみてください。

コイルはもう使用できないので、各地方自治体の指示に従って廃棄してください。

画像のように、アトマイザー本体には液漏れ防止用のパッキンがついている事が多いので、洗う際にはそれもしっかり外して洗ってあげましょう。

このようにアトマイザー上部の内側にも小さなパッキンが装着されている場合がありますので裏側もよく見てみましょう。

アトマイザーを分解、うまく洗う事ができたら…

後は水気をよく取り、新しいコイルと交換していくのですが、その前に僕は「熱湯消毒」のプロセスを踏みます。

こうすることによって吸い口などの殺菌が確実にできるので、余裕があり、面倒でなければ消毒してみることをオススメします。

熱湯消毒のやり方は、画像のようにボウルの中に熱湯を入れて、アトマイザーの各パーツを放り込むだけ!

非常に簡単ですよね。後は、10分ほど放っておくだけ!

火傷には注意してください。

また、画像ではパッキンも一緒に入れてしまっているのですが、パッキンは熱に弱いので本来であれば入れない方が無難です。

小さなパッキンは非常に無くしやすいので気をつけてください。

洗ったアトマイザーの水分をよく拭き取ったら…

さあ、うまく洗うことができたでしょうか?

完全に水分を拭き取ったら、早速元通りに組み立てていきます。

その前に交換前の使い込んだコイルと新しいコイルを見比べてみましょう。

その差は一目瞭然ですよね。

もく美
もく美
あら真っ黒!新品のコイルと色が全然違うわね!

仮に、右のようなコイルの色で使い続けてしまうとコゲを吸っているのと同じで、健康にも害を与えてしまいます。

従って、コイルの交換はVAPEを長く使用し続けていくに当たって必須です!

コイル交換が完了したら…バッテリー本体と接続してOK!

水気を拭き取った後は組み立てて、本体と接続して問題ございませんがリキッドを入れる際には注意が必要です。

洗浄が終わった後、新しいコイルで新鮮なフレーバーを楽しみたい気持ちをちょっと抑える必要があります。

なぜなら、リキッドが染み込むまで待つ必要があるからです。

リキッドが染み込むまで待たないと、スイッチをオンにした時に空焚き状態となってしまいます。

空焚きしてしまうとコイルが焦げてしまいますので、せっかく交換してもまた交換しなくてはいけなくなってしまうので注意が必要です。

リキッドは注入してから20分程待ってから使いましょう。

最後に

ここまで読んでみていかがでしたでしょうか?

もく爺
もく爺
スーさんがやったように、長くVAPEを使うには洗浄は不可欠だからしっかりとメンテナンスしてあげるんじゃぞ!

カートリッジ取替式の電子タバコ(こちらでご紹介しています。)はそのままカートリッジを変えるだけで済みます。

しかし、このようにアトマイザーがある電子タバコやVAPEについてはどうしても洗浄が必要になってきますが、慣れれば10分足らずで終わるのでお気に入りの電子タバコを長持ちさせるためにこのプロセスをしっかり覚えておきましょう!